いやいや!?エレン・ワインスティーンの口コミ!

動物の鳴き声の表現が!世界の国によってどう違うかを軽妙な大阪弁で教えてくれる絵本。読んだことがあって近場の本屋を探しましたが見つからず!楽天で購入しました。幼児さんから小学生まで楽しめそうです。

早速ご紹介!

2017年01月26日 ランキング上位商品↑

エレン・ワインスティーンうしはどこでも「モ?!」 [ エレン・ワインスティーン ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

牛以外にも何匹か動物が出てくるんだけど、世界広し泣き声が微妙に違うんだね・・・。どこの国でも牛は「もー」となくように聞こえてるんだということを初めて知りました。堅苦しくなくていい感じですが、ネイティブではないとちょっと読み聞かせに自信がもてないかもしれません。低学年は喜んで聞いてくれます。。文章も短く!あっさり読めるこの絵本が1400円かぁ・・・ということもあり!−☆しましたが!楽しい絵本ですよ。読み聞かせにばっちりです。あす楽ですがいつ配送するのか連絡遅く心配でした。なぜ大阪弁?と思うけれど、桂かい枝さんの訳なのですね。読んでいておもわず「くすっ」と笑ってしまう絵本です。関西弁でしゃべる牛が愉快。読み聞かせをしていても!読む方も楽しくなってしまいます。プレゼントをすると喜ばれる絵本の1冊だと思います。牛の絵も大きくて、二歳くらいの子供にも分かりやすい絵と文。桂かい枝さんの関西弁の翻訳も!絵本にとてもなじんでいます。オチとして、でも、うしはどこでもモー というフレーズが何度も出てきて、可笑しいです。オススメです。うしはどこでも“モ〜!”って面白かったです♪丑年はもうすぐ終わりますが!小さいお子さんは楽しんで読める本だと思います。牛って!世界共通の泣き声なんだね・・・・。