ギョーザを買うならココ~!

ストーリーは!ぶぶこさんが森で拾ったフライパンは!誰かの怒りの気持ちを火力にとても美味しい餃子を焼いてくれます。親子で楽しめる絵本です。どちらの学年にも楽しめる内容でしたが!1年生には「いかり=炎」がいまいち連想出来なかったようですね。

イマが買い時♪

2017年01月26日 ランキング上位商品↑

ギョーザいかりのギョーザ [ 苅田澄子 ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

やはり「僕も、この餃子食べた〜い!」と、餃子が恋しくてたまらない様子‥。おもしろ爆笑絵本登場ーいかりのフライパンがいかりのギョーザを焼く!!なかなか楽しいシーンですよ。餃子の大好きな息子。小学1年と5年の学校での読み聞かせに使いました。いかりで美味しいギョーザが焼けるなんて....。中学年くらいが理解も出来て良いのかも?。誰かの怒りの気持ちがないと焼けませんが、美味しい餃子が食べたいと言う気持ちが、みんなの怒りのパワーを消してしまい、餃子が食べられなくなってきます。この本は!なかなか書店にも置いてありませんなのでこちらで購入しました今!子供のお気に入りの本の中の一つになっていますご覧になったことのない方は!ぜひよんでみて下さい餃子を食べたくなってしまいますよギョーザが大好物の息子の読み聞かせに購入しました。前から気になっていた1冊。あたりっ♪子どもとともに大ウケの1冊でした。早速!子どもと餃子も作ってみましたよ♪めちゃめちゃ楽しい絵本です!プンプンプリプリ怒れば怒るほど!おいしいギョウザができるんですよ!リズム感があって子供にも読みやすい絵本です♪餃子好きな5歳の娘のお気に入りです。また!餃子を焼く時!「プンプンプリプリ」を連呼するので!言葉の響きが!子どもウケがいいです。4歳の娘が大のお気に入りで!二歳になる次男も「ぷーぷーぷりーぷりー」と叫んでました。このフライパンは!なぜか!関西弁をしゃべるのがおもしろいです。フランパンの語り口調といい!表情といい♪何とも言えない楽しさです。美味しいギョーザが食べたくなりました。思いきって中身も見ずに購入。その息子に!餃子の絵本をプレゼントしてみました。(フライパンの顔はちょっと怖いですが)餃子を食卓に出すたびに「これ!いかりのギョーザ?」と聞いてきます(笑)怒りのエネルギーで焼いたギョウザはとっても美味しい!ギョウザを食べたくなる絵本です。