しんぼうは大手通販サイト販売だから安心♪

★4歳には内容が幼すぎたみたいで、毎日必ず絵本を1冊読んでから寝るのですが、買った時に1度読んだだけで、それ以降は開かれることなく眠っています。心に響く思いのようなものはありませんが!ユーモアがある絵本です。今度は帰る為にまた!食べて大きくなる。

1月26日 オススメ商品!

2017年01月26日 ランキング上位商品↑

しんぼうくいしんぼうさぎ [ せなけいこ ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

娘と同じ呼び名のなあちゃんという女の子が出てきます。実際に試した訳ではないですが、中も水が染みにくそうな紙が使われています。。こちらの出版社さんにもせなけいこさんの「うさぎ本」が他にもあるようなので!「めがねうさぎ」シリーズと併せて!集めてみようと思ってます。そして、穴から戻ってくるところが子供にうけてます。うさぎにおこった思わぬ出来事に大笑いです。食べることが大好きなお友達の子供へのプレゼントです。かわいいうさぎさんのお話。うさぎが食べ過ぎて丸々と太ってしまい、地面に沈んで地球の裏側に行ってしまう・・・。このうさぎのように、たくさん食べてくれればいいなぁ、と。これを読んでから!ウサギのように「面白いこと」がおこるといいな・・・!と思ったようです。バクバク食べてます(笑)食べるの大好きっ子になぁれ!!うちの子供は、食いしん坊なので食べ物に関する絵本が大好きです。瀬名恵子さんの絵本が好きで購入しましたが、一歳の息子にはまだ早すぎたとのことでこのおすすめ度です。書店で立ち読みして即決して楽天で注文しました。喜んでくれると良いですが…ママにはうけそうですね。また、絵は描いたものではなく、切り絵を印刷したものになっていて、他の絵本とは違った印象です。大好きな絵本がまた増えてうれしいです。読んだ後、地球儀を使って説明してみましたが、まだ解っていない様子。1歳後半からお勧めです。無事に帰れたのかは・・・・・何度読んでも未だに長女も考え中です( ̄∇ ̄;)こどもが!せなさんのウサギちゃんシリーズが好きで買い集めていました。食いすぎて地球の裏側に行くシーンが好きで何回もそのシーンをせがまれます。★2歳くらいのお子さんに読んであげるとよいのではないでしょうか。こんなに食べたら!こんなに大きくなるの?など色々な疑問が出てくる3歳。地球の裏側へ飛ばされ小さくなってしまった体。お話は面白いんですが!「地面を突き抜けて!地球の反対側へ」という件が!どうもウチの三歳の息子には理解しにくかったようです。。★娘が4歳になったばかりの頃、他の方のレビューなどを見て気になったので購入してみました。子供達がおもしろがって見入っていました。ただ、3歳児に地球を説明するのが、大変でしたが、笑っていました。実は「めがねうさぎ」と同じ「うさこ」が主人公のお話だと勝手に思って買ったのですが!どうやら違ううさぎのようです。娘は、地球の裏側に行ったウサギがどうしたら帰れるか考えている所が、大好きみたいです。丸々太ったというか、巨大化してるうさぎ…メキシコに貫通してしまう発想は、凄いです。それでも!話の面白さは何となく伝わったようで!良かったです。本の紙質も!すごく良くて!ゼロ歳児の弟が多少引っ張っても破れないので!助かります。大きさはA4ぐらいです。あったかーい気持ちになれるのが大好きです。三歳になる娘が好き嫌いをしだしたので、購入しました。せなけいこ先生らしい、ぶっとんだストーリーで、読み聞かせしていても楽しかったです。ストーリーも面白いです。子供がもうちょっと大きくなって読めるまでは、ママが楽しみます^^ぶっとんだストーリーです。絵も話もかわいい!本屋で一目ぼれしてこちらで注文しました。4歳の娘の為に買いました。でも!こちらのうさぎもイイ性格してます。せなさんのお話と絵はいつも心をあったかくしてくれます。しっかりとコーティングされた紙でできた絵本なので子どもが少々乱暴に扱ってもやぶれません。まるで娘のために書いてくれたように感じる本です。。